認定看護師になる ストーリー

認定看護師の認定看護分野は―

認定看護師制度は1995年に発足し、最初に「救急看護」と「皮膚・排泄ケア」の分野で認定看護師の養成が始まりました。

2016年7月現在、認定看護師の分野は21種類に増え、全国で約1万7,500人が活躍しています。

認定看護分野
1.救急看護 2.皮膚・排泄ケア
3.集中ケア 4.緩和ケア
5.がん化学療法看護 6.がん性疼痛看護
7.訪問看護 8.感染管理
9.糖尿病看護 10.不妊症看護
11.新生児集中ケア 12.透析看護
13.手術看護 14.乳がん看護
15.摂食・嚥下障害看護 16.小児救急看護
17.認知症看護 18.脳卒中リハビリ
テーション看護
19.がん放射線療法看護 20.慢性呼吸器疾患看護
21.慢性心不全看護   

皮膚・排泄ケア認定看護師は―

皮膚のトラブルや排泄(はいせつ)に関わるケアのスペシャリスト。様々な病気や事故によってストーマ(人工肛門・人工膀胱)を造設した人が、より快適に日常生活を送れるよう、スキンケアや排泄を上手く行うためのサポートを行います。また「褥瘡(じょくそう)」と呼ばれる床ずれなど、さまざまな皮膚のトラブルに対するケアも行います。

認定看護師について
くわしく知りたい人は―

認定看護師とは