看護実践情報

倫理

倫理と聞くと、哲学的でとても難しいもの、というイメージを持っている人も多いことでしょう。
しかし、「倫理」の意味を正確に知れば、そのイメージは払拭されるのではないでしょうか。

「倫理」とは、簡単に言うと、次のような意味を持っています。

つまり、社会生活を送る上での一般的な決まりごと、と捉えることができます。

これを踏まえ、以下の問いに答えてみましょう。

あなたが道を歩いていると、血を流した人が倒れていました。
辺りを見渡しましたが、その人の近くにはあなたしかいません。
あなたならどうしますか?
@ すぐに駆けつけて救護する
A ひとまず119番に通報する
B 一人ではどうしたら良いのか分からないので、誰かが通りがかるのを待つ
C 怖いので、見なかったことにして通り過ぎる

あなたが選んだ番号はどれでしょうか。
@やAを選んだ人も多いことと思いますが、実際にこのような場面に出会った場合には、ついCを選んでしまう人もいることと思います。
しかしその場合であっても、その人のことが気になり、少なからず後ろめたさを感じてしまうのではないでしょうか。

ではなぜ私たちは、見知らぬ人を助けようと思ったり、助けなかった場合に後ろめたさを感じたりするのでしょうか?
それは、私たちが「人の命は尊いものである」という考えを日頃から持っており、それに基づき「人の命を助けること」は“善いこと”、“正しいこと”であると判断しているからなのです。

このように、私たちが社会の中で何らかの行為をするときに、「これは善いことか、正しいことか」と判断する際の根拠を、「倫理」といいます。

このページの先頭へ