重点政策・重点事業

看護職の役割拡大の推進と人材育成

認定看護師制度の再構築

これからの医療ニーズに応えられる地域包括ケアの推進に寄与できる役割モデルの養成を目指して、新たな認定看護師制度への再構築に向けて取り組みます。

ナースプラクティショナー(仮称)制度の構築の推進

今後さらに加速する超高齢多死社会において、看護師が新たな裁量を獲得することで果たせる役割(=ナースプラクティショナー(以下NP:仮称)の役割定義)を明確化するとともに、その役割を発揮するための教育や資格認証等の制度の大枠の具体化などに取り組みます。

「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」活用の推進

2016年度は「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」(JNAラダー)を公表し、その活用のための手引きの公表や交流会実施等によって、普及促進を進めました。17年度は、看護実践能力の保証を目的とした、JNAラダーを活用した認証(案)についてさらに具体的な検討を進めるため、ニーズ調査を実施して認証制度設計(案)の検討と、JNAラダーを活用した学習支援方法の開発による看護実践能力強化の基盤整備を行います。