重点政策・重点事業

少子超高齢社会に対応する人材育成

看護基礎教育制度の改革(准看護師教育制度含む)

看護基礎教育の改革

本会使命である看護の質の向上の実現に向けて、看護基礎教育の充実は不可欠です。医療・介護提供体制の改革など、看護・医療を取り巻く状況は大きく変化しています。このような状況を踏まえ、国民のニーズに応えられる看護職の育成に向け看護基礎教育制度の改革に取り組みます。また、少子超高齢社会の中、新たな看護人材を確保するための方策についても検討をします。

看護基礎教育制度の改革(准看護師教育制度)

准看護師教育制度については、1996年に当時の厚生省「准看護婦問題調査検討会報告書」において21世紀の初頭の早い段階をめどに看護婦養成制度の統合に努めると提言されていますが、いまだ実現に至っていません。
現在の医療ニーズの増大や地域包括ケアの推進を考えると、准看護師養成は、教育内容・時間ともに、現在求められる看護職の役割を果たすには不足です。そのため、本会では、一刻も早く准看護師養成を看護師養成に一本化することを目指します。また、現在活動している准看護師の資質向上・進学支援にも取り組みます。

保健師のキャリア形成推進事業

保健師には、時代の変化に対応しながら適切な個別支援や地域診断などを実施することが求められています。これまで階層別の研修プログラムを構築してきた成果を生かし、保健師のキャリア形成を推進するための事業を開始します。

助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)の活用推進による助産実践能力強化支援

助産実践の経験機会が減っている現在、質の高い助産ケアを提供するためには、計画的・意図的に実践能力を習熟させることが必要です。助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルV認証制度の普及に向けた活動や支援などに取り組みます。

看護師のクリニカルラダーの開発

看護職の多くを占める中小規模病院および高齢者介護施設など、分野・領域、働く場にとらわれず活用可能な標準化された看護実践能力習熟段階(クリニカルラダー)の開発と構築を継続し、平成27年度(2015年度)はその公表に向けて最終段階を進めます。また、その評価制度の推進として運営における方向性の検討を深めます。