看護実践情報

国などへの要望活動

本制度は、比較的侵襲性の高い行為の実施が想定されているため、安全性の確保が最優先です。そのため、本会としては法律に本制度を位置づけ、公的な認証を受ける枠組みとすることが不可欠であると考えます。

2015年度
2014年度
2013年度
2012年度