看護実践情報

日本看護協会の考え・取り組み

「特定行為に係る看護師の研修制度」に対する本会の見解、これまでの取り組み、情報発信をご紹介しています。

本会の見解

2015年3月13日、日本看護協会は「特定行為に係る看護師の研修制度」に対する基本的な考え方と今後の活動についてニュースリリースを配信しました。

本会の取り組み

情報発信

リーフレット


リーフレットA4版[PDF2MB]

「特定行為に係る看護師の研修制度の活用に関するリーフレット」を作成しました。
本制度を活用するために重要な4項目や看護管理者の方へのメッセージ、制度を活用した看護師の活動例をご紹介しています。別紙では、特定行為に係る看護師の研修制度の概要をまとめています。ぜひ、ご活用ください。

機関紙「協会ニュース」

機関紙「協会ニュース」では、制度の意義や本会の考え方・活動方針を紹介するとともに、制度活用のイメージがつかめるよう制度に先立ち、試行事業を経てすでに実践に当たっている看護師や、制度創設後に研修を受講し活躍している看護師の活動を紹介しています。

特定行為研修について

さまざまな領域で特定行為を活用して看護の専門性を高め実践する看護師の役割モデルを示し、その役割発揮に必要な特定行為区分を組み合わせた研修を企画実施しています。

これまでの取り組み