看護実践情報

「特定行為に係る看護師の研修制度」よくあるご質問

特にお問い合わせの多い質問

  • Q.1 特定行為研修を修了すると、資格を取得できますか
    A.1

    国の研修制度ですが、研修を修了して何かの資格を得られるわけではありません。研修を修了すると、特定行為を手順書により実施することが可能となります。
    保健師助産師看護師法第37条2項に「特定行為を手順書により行う看護師は、指定研修機関において、当該特定行為の特定行為区分に係る特定行為研修を受けなければならない」と定められています。
    特定行為研修は、特定行為区分ごとに実施されます。
    特定行為区分ごとの研修を修了することにより、その特定行為区分に含まれる特定行為を手順書により実施することができます。
    研修修了者には、受講した研修機関より、研修修了証が発行されます。

    Q.2 この研修制度は、日本看護協会の資格ですか
    A.2 日本看護協会の制度ではありません。
    国が法律上位置付けた制度です。(Q1.参照)
    Q.3 特定看護師になるためには、どうすればよいですか
    特定行為研修を修了すると、特定看護師になることができますか
    A.3 法律上、「特定看護師」という資格はありません。
    2011年に取りまとめられたチーム医療の推進に関する検討会報告書「チーム医療の推進について」において、「特定看護師(仮称)」の提案がされましたが、その後の議論を経て創設された「特定行為に係る看護師の研修制度」はあくまで研修制度であり、新たな資格をつくる制度ではありません。
    しかし、特定行為に係る看護師の研修制度の普及・活用にあたっては、「特定行為研修を修了した看護師」を略して「特定看護師」と呼称することは問題ありません。
    Q.4 特定行為研修はどこで受けられますか、受講料はどのくらいかかりますか
    受講期間や、授業の時間帯はどうなっていますか
    A.4 具体的な研修の内容などについては指定研修機関ごとに異なりますので、指定研修機関へ直接お問い合わせください。
    Q.5 特定行為研修を修了した看護師の活動はどのようなものでしょうか。活動事例を教えてください
    A.5 各地域・施設のニーズに合わせて、特定行為研修を活用し、看護の専門性を更に発揮することで、医療・看護の質を向上させることが重要です。本会HPでは、特定行為研修を活用した大学院教育および本会が実施する認定看護師への追加教育を受け、各領域においてさらに看護の専門性を発揮している看護師の方をご紹介しています。ご覧ください。

    また、特定行為研修を活用するための日本看護協会の考え方等については、下記をご覧ください。

    Q.6 看護管理者として、どのように対応したらよいでしょうか
    A.6

    本制度を看護の専門性のさらなる発揮のために活用するには看護管理者の方々の理解と役割が大変重要です。 本制度創設をきっかけに、特定行為だけでなく現在看護師が実施している診療の補助行為について再確認し、安全性、効率性の観点から、職種間の役割分担を見直すことで、医療の質の向上が期待されます。
    また、看護師を特定行為研修へ派遣するにあたっては、各施設において、本制度を活用する意義やニーズ、本研修を修了した看護師に期待する役割などの共通認識を構築するとともに、研修を修了した看護師が期待される役割が発揮できるような体制整備が不可欠です。

    看護管理者に求められる役割

    医療機関等で本制度を活用するための体制整備

    Q.7 厚生労働省看護課長通知「看護師等が行う診療の補助行為及びその研修の推進について」(平成27年10月1日 医政看初1001第1号)ついて、日本看護協会はどのように考えていますか
    A.7
    • 本通知では、5つの医行為について、行為の侵襲性が高く、かつ技術的な難易度が高い医行為であると示されています。本通知は、あくまでもこれらの行為が、診療の補助に含まれ、かつ難易度が高いとの整理がされ、実施の場合の研修の重要性が示されたものであり、本会は、看護師の積極的な実施を推進するものではないと考えます。
    • 本通知においては、5つの医行為*について、看護師等が実施する場合には当該機関における研修の実施が重要としています。しかし、これらの行為が特定行為と同等に行為の侵襲性が高く、かつ技術的な難易度が高い医行為であることを勘案すると、本会は、特定行為と同様、客観性が担保された体系的な研修の受講と体制整備による安全性の担保なくしては、看護師が実施すべきではないと考えます。
    • 「経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの挿管」、「経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの抜管」については、医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会において特定行為に含めるか否かが最後まで議論がなされた行為であり、部会において早急に議論を再開する事が合意されています。本会としては、これらの行為について、特定行為に含めるか否かの議論の再開を急ぐべきだと考えます。
    • 5つの医行為:「経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの挿管」、「経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの抜管」、「直腸内圧測定」、「膀胱内圧測定」、「褥瘡又は慢性創傷における血管結さつによる止血

「特定行為に係る看護師の研修制度」に関するお問い合わせ先(日本看護協会)

上記以外のご質問等がありましたら、下記までご連絡ください。

制度に関すること
@
日本看護協会が実施する特定行為研修に関すること
@

①ご氏名/②ご所属/③メールアドレス/④ご質問事項を明記の上、上記までご連絡ください。
①〜④の記載がない場合は、ご返信できないことがあります。ご了承ください。