看護実践情報

「平成28年熊本地震」に関する支援活動

平成28年(2016年)4月に熊本県を中心に発生した地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
日本看護協会は、地震発生後に危機対策本部を設置し、熊本県看護協会はじめ各都道府県看護協会と連携して支援活動にあたりました。
2016年4月17日〜6月14日の期間に、熊本県・熊本市からの要請により、熊本県看護協会延べ273名、日本看護協会延べ1,688名、計1,961名の「災害支援ナース」を計32カ所(4市7町村)の避難所に派遣しました。

対応区分 期間 派遣元看護協会 派遣調整
レベル1(単独支援対応) 2016年4月17日〜6月14日 熊本県看護協会 熊本県看護協会
レベル2(近隣支援対応) 2016年4月20日〜28日
2016年6月1日〜10日
福岡県看護協会
宮崎県看護協会
佐賀県看護協会
長崎県看護協会
大分県看護協会
鹿児島県看護協会
日本看護協会
レベル3(広域支援対応) 2016年4月29日〜5月31日 レベル2の派遣元看護協会に加えて
埼玉県看護協会
千葉県看護協会
東京都看護協会
神奈川県看護協会
滋賀県看護協会
京都府看護協会
大阪府看護協会
奈良県看護協会
山口県看護協会
日本看護協会

災害支援ナースは3泊4日で避難所に常駐し、自宅の片付けで負傷した人の創傷処置、避難所の環境整備、手洗い指導などの感染症対策、体調不良者の受診支援や医療チームへの橋渡しなど被災した方々の生命と暮らしを守るための支援活動を行いました。

避難所での活動-1

避難所での活動-2

避難所での活動-3

避難所での活動-4

本会および熊本県看護協会役員による避難所の訪問

本会役員による避難所の訪問

【災害支援ナース派遣状況】
【平成28年熊本地震における日本看護協会の取り組み】
【平成28年度 日本看護協会 通常総会 平成28年熊本地震における活動報告】
【ニュースリリース】
【協会ニュース】
【災害支援ナースとは】
【厚生労働省からのお知らせ】

熊本地震に際して、厚生労働省の関連情報などは下記の厚生労働省サイトに掲載されています。

このページの先頭へ