看護実践情報

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)に関する情報

西日本における豪雨災害で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
日本看護協会は危機管理対策本部を設置し、豪雨災害直後から岡山県、広島県、愛媛県看護協会をはじめとする被災地域の各府県看護協会と連携して対応にあたり、「災害支援ナース」延べ1,427人を派遣しました。

県内派遣(災害対応区分レベル1)

岡山県・愛媛県では2018年7月11日より、広島県では12日より「災害支援ナース」の県内派遣(災害対応区分レベル1)を開始し、避難所での看護活動を行ってきました。

対象県 期間 派遣元 派遣調整 派遣延べ人数
岡山県 2018年7月11日〜8月14日 岡山県看護協会 262人
広島県 2018年7月12日〜8月31日 広島県看護協会 519人
愛媛県 2018年7月11日〜8月31日 愛媛県看護協会 310人

近隣県派遣(災害対応区分レベル2)

岡山県については、7月12日に近隣県派遣(災害対応区分レベル2)に切り替えを決定。15日よりレベル2に切り替えて派遣を開始し、岡山県倉敷市、総社市の5カ所の避難所で支援活動を行いました。
広島県については、8月2日より対応をレベル2に切り替えて派遣を開始し、広島県呉市、坂町、熊野町の5カ所の避難所で支援活動を行いました。

対象県 期間 派遣元 派遣調整 派遣延べ人数
岡山県 2018年7月15日〜30日 香川県看護協会 日本看護協会 152人
2018年7月15日〜30日 大阪府看護協会
2018年7月18日〜30日 兵庫県看護協会
広島県 2018年8月2日〜17日 福岡県看護協会 日本看護協会 184人
2018年8月5日〜23日 山口県看護協会
2018年8月11日〜17日 徳島県看護協会

災害支援ナースは避難所などで被災住民の健康管理やこころのケアなどの支援活動を行いました。

各種情報

【ニュースリリース】
【協会ニュース】
【災害支援ナースとは】
【厚生労働省からのお知らせ】

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)に際して、厚生労働省の関連情報などは下記の厚生労働省Webサイトに掲載されています。