看護実践情報

看護師職能委員会Ⅰ(病院領域)の活動

事業概要

看護師職能委員会Ⅰ 病院領域 では、医療提供体制の変化に病院領域の看護職が対応するため、在宅療養支援や看護師のキャリアなどをテーマに活動を進めている。平成29年度は、診療報酬上の評価の新設や充実などにより、病棟内で様々な職種が活動する施設が広がっていることを受け、病院の看護師と他職種の連携や協働のあり方に関する情報収集・課題発見に取り組んだ。その結果、施設規模や病床機能により職種やその配置状況は異なるものの、病棟で活動する職種や人数が増えていることは共通していた。様々な職種が患者へ直接関わる機会が増えていた一方で、各職種が得た情報を統合することが容易ではなく、患者へのケアが一貫しにくい現状も明らかとなった。

また、多職種連携における看護師の役割は、各職種からの情報を収集・共有することや、患者の全体像を踏まえて治療と生活の双方の観点からケア全体をマネジメントするなどの意見が挙げられた。しかし同時に、実際にはその役割を十分に果たすことが難しいとの声も多くあった。そこで平成 30年度は、多職種連携における病棟の看護師のさらなる専門性の発揮に向け、情報収集・課題発見・意見集約を行う。

そして、地域包括ケアシステムの構築が進む中で、病院の看護管理者には、地域で開催される会議等で地域の看護職を代表して意見が求められるなど、新たな役割が期待されている。地域住民に対する質の高い医療・看護の提供に向けた仕組みの構築に病院の看護管理者が寄与するためには、行政等様々な場にいる看護管理者との連携が求められている。そこで、平成30年度は、地域包括ケアシステムの構築ならびに地域における医療・看護を提供するための仕組みの構築に向けた看護管理者の連携に関する現状を把握し、課題発見を行う。

さらに、本会は病院で働く看護職に関する数多くの事業を進めている。それらの事業に現場の状況を反映させるため、職能委員会の機能である課題発見・意見集約は重要な役割を担っている。そこで、都道府県看護協会と連携し、現場の声をタイムリーに集め、提唱をしていく。

活動目的

都道府県看護協会と連携を図りながら、病院で働く看護職を取り巻く状況に関わる課題発見・意見集約を行い、会長に助言する。

活動内容

これまでの取り組み

平成29年度看護師職能委員会Ⅰ病院領域の活動
  • 看護師長への支援・教育に関する取り組みの広がりに向けた情報提供・課題発見
  • 多職種協働時代における病院の看護職と他職種の連携や協働のあり方に関する情報収集・課題発見
平成28年度看護師職能委員会Ⅰ病院領域の活動