看護実践情報

保健師職能委員会の集会・会議

全国保健師職能委員長会

【2017年度 第1回(8月2日)】

子育て支援に向け連携深めるモデル事業の成果も報告

中板育美委員長は、あいさつで「健康増進やデータヘルスの推進、医療計画や介護保険事業計画の策定、災害支援など、保健師にはさまざまな分野での活躍が期待されている。分かりづらいと言われる業務内容や存在意義を、きちんと伝えることが必要だ」と述べ、各都道府県での職能委員長らの活動に期待を寄せた。

活動報告では、本会が2016年度から取り組んでいる「子どもと子育て世代包括ケア推進のためのモデル事業」の報告書や、8月1日付け厚生労働省「子育て世代包括支援センター業務ガイドライン」の公表について情報提供があった。

午後は、事例発表と地区別グループ討議を実施した=写真。事例発表では「都道府県看護協会の地区支部で子育て世代包括ケアに取り組む意義」をテーマに、昨年度、看護職の連携に向けたモデル事業を行った県看護協会のうち、5県が成果を発表。それぞれ、地区別会議や事例検討会などを通して、看護の地域ネットワークを可視化し、職能による視点や役割の違いを理解し合った過程を報告した。

その後、子育て支援に向けた看護職の連携について、各地でどのような活動ができるかを議論した。会場からは「県協会として、各職能の共通理解を図るための研修をしたい」「職能委員が交代しても事業を継続できる仕組みが必要だ」「行政と県協会が共に関わることが重要」「保健師自身の意識改革が必要ではないか」など、多くの意見が出された。