看護実践情報

法人本部の皆さまへ

自法人に所属する病院に関するデータ提供については下記をご参照ください。

データ提供目的

DiNQLデータを有効活用することによって、DiNQL事業を促進し、もって本事業の下記目的を推進する。

DiNQL事業の目的
  • 看護実践をデータ化することで看護管理者のマネジメントを支援し、看護実践の強化を図る
  • 政策提言のためのエビデンスとしてデータを有効活用し、看護政策の実現を目指す

データ提供先の対象

経営母体を一としている、同一設置主体や同一医療法人等の本部組織。
(法人全体としての運営管理を行う本部機能を有する部署)

提供するデータ内容等

  • 病院名が特定された形式での、法人所属病院の入力データ(全項目)
    • 法人の所属病院が入力した、病棟単位のDiNQLデータ
    • 病院単位での平均値(病棟が入力したデータから、各病院の平均値を算出)
  • 他病院の集計データ(中央値、最小値、最大値)
    • 他病院のデータは集計値(中央値、最小値、最大値)のみで、病院名が特定されることはありません
    • 法人本部は他病院の集計データについて、DiNQLのベンチマーク評価比較対象条件から指定可能(詳細は別途打ち合わせにて協議)。日本看護協会は、法人本部に指定された比較対象条件で他病院の集計値を算出し、提供します。
  • データ項目の定義に関する説明書「データ入力の手引き」

データ提供頻度・方法

提供は年4回
四半期ごとのDiNQLデータ入力締め切り後、2週間以内にCD-ROMでデータを郵送します。
データ紛失・盗難を防止するため、ファイルを暗号化した上で、追跡機能サービス付郵送を利用します(パスワードは別途送付)。
法人本部へ提供するデータは、CSV形式とします。
(①データ提供同意済みの病院名を一覧表示②一覧に表示された病院・病棟が入力したデータを表示③ベンチマーク比較対象条件に基づいた他病院の集計値:中央値、最小値、最大値、N数を表示)

ご契約に関することや、お問い合わせにつきましては担当部署までご連絡ください。
公益社団法人日本看護協会 医療政策部看護情報課
電話:03-5778-8495

@