看護実践情報

データ入力

DiNQLのデータ入力

看護実践をデータ化しましょう

DiNQLのデータはさまざまな部署が保有していることが多いため、看護部だけではなく、いろいろな部署のメンバーと協力して取り組むことが大切です。
参加病院様には、看護実践のデータ化に向けた役割分担表や、手作業でデータを集める時に便利な、集計機能付きのエクセルファイルも用意しています。

入力する頻度・評価指標

頻度について

ITシステムはいつでも使用できます。評価指標データを入力すると、すぐにベンチマーク評価結果が表示されます。自分たちの病棟のベースライン(日常的な値)を把握するためには、毎月のデータ入力がもっとも望ましいことですが、四半期(3カ月)ごとの入力(年4回)でも大丈夫です。

評価指標について

病院や病棟の課題に合わせて、入力項目を選択できます。例えば、「褥瘡」と「転倒・転落」に取り組む場合は、「感染」や「医療安全」のデータは未入力でも構いません。ただし、構造・過程・結果の3つの視点を大切にしていますので、例えば「褥瘡」を選択した場合は、「褥瘡」の評価指標項目すべてを入力し、多角的な視点で評価することをお勧めします。

データ入力画面

DiNQLのデータは、インターネットに接続されたパソコンからいつでも入力できます。


病院情報システムベンダーの皆さまを対象とした情報は、「病院情報システムベンダーの皆さまへ」からご覧いただけます。