看護職の方へ

みんなで考えよう!准看護師制度 第18回

准看護師の業務に関連した法律の確認

第17回

常任理事の勝又浜子です。今回は、次回と合わせて、業務と関連する具体的な法律事項の確認をしたいと思います。

保健師助産師看護師法の2006年改正で、名称独占が規定されました。これは、名称を信頼して業務を委ねることから、その名称を独占するということは、国民の安全、安心につながるという考え方に基づきます。このため、各職種が、それぞれ正しく資格名称を用いることが必要です。

保健師助産師看護師法第42 条の3

保健師でない者は、保健師又はこれに紛らわしい名称を使用してはならない。
2 助産師でない者は、助産師又はこれに紛らわしい名称を使用してはならない。
3. 看護師でない者は、看護師又はこれに紛らわしい名称を使用してはならない。
4. 准看護師でない者は、准看護師又はこれに紛らわしい名称を使用してはならない。

「協会ニュース」2018年2月号掲載


アンケート協力のお願い

記事の内容についてご意見をお聞かせください。今後の記事作成などに反映させていただきます。

准看護師制度に関するご意見をお寄せください
【問合先】

日本看護協会  准看護師制度担当

@