看護職の方へ

みんなで考えよう!准看護師制度 第7回

進学支援をする看護部の声

第7回

准看護師制度担当の常任理事・勝又浜子です。今回は、看護部全体で進学を支援している看護部長の本間さまにお話を伺いました。

山形県 庄内医療生活協同組合本部 看護部長 本間志賀子

当法人では看護部全体の看護の質向上に向け、准看護師から看護師への進学を支援していますが、仕事や家庭と学業の両立が難しいという理由で、以前は希望者が多くありませんでした。転機になったのは、ある中堅の准看護師が働きながらでも学べる通信制へ進学したことです。認定看護師になることを目標に、年齢など関係なく夢に向かって突き進む彼女に影響を受け、多くの職員が後に続きました。今では進学者が絶えず、2010 年以降、ほぼ毎年1 人以上が通信制に進学し看護師資格を取得しています。すでに進学した先輩の皆さんも協力してくれますし、看護部でも、勉学や国試に向けての勤務調整や休日の確保に配慮しています。このほか、看護協会の進学説明会や奨学金制度を紹介したり、学費の支援や資格取得後の給与アップなど、できる限りのサポートをしています。進学したことが次のやりがいにつながるよう、今後も看護管理者として支援を惜しまず進めていきたいと思います。

本年がすばらしい一年でありますように!この連載への感想やご意見もお待ちしています。

「協会ニュース」2017年1月号掲載


アンケート協力のお願い

記事の内容についてご意見をお聞かせください。今後の記事作成などに反映させていただきます。

准看護師制度に関するご意見をお寄せください
【問合先】

日本看護協会  准看護師制度担当

@