地域包括ケアにおける看護提供体制の構築

看護職員の需給対策

地域包括ケアシステムの構築や、医療計画(地域医療構想)・介護保険事業計画などの策定が進む中、医療・介護の提供体制を支える医療従事者の確保が重要な課題になっています。

日本看護協会は、将来を見据えた看護職員の需給に関する取り組みの方針と、中長期的な計画や戦略を検討するとともに、看護職員の需給に関する政策提言や都道府県看護協会との連携・協働を進めていきます。

2018年度の事業

  • 看護職員確保対策のあり方の検討
  • 2025年以降を見据えた中長期的課題の整理
  • 第7次医療計画における看護職員確保対策に関する情報収集
  • 法人会員ネットや理事会等を通じた情報提供・情報共有
  • 県協会の都道府県行政関係部局に対する政策提言活動の支援