地域包括ケアにおける看護提供体制の構築

災害発生時の対応

2011年の東日本大震災後、分娩施設・部門に特化した災害発生時の対応マニュアルの整備が課題となりました。
日本看護協会が震災後に行った分娩施設への調査では、分娩時に災害が発生したときの対応についてマニュアル化されている施設は少なく、病院全体で行動するときのマニュアルにとどまっている状況が確認できました。そこで、2013年1月に「分娩施設における災害発生時の対応マニュアル作成ガイド」をまとめました。

分娩施設における災害発生時の対応マニュアル作成ガイド

分娩施設における災害発生時の対応マニュアル作成ガイド

この作成ガイドは、分娩施設の災害発生時には、どのようなマニュアルの整備が必要か、マニュアル作成時のヒントとなるように作成しています。NICUや、医療依存度の高い新生児の避難などには言及していません。分娩施設の分娩場面に焦点を当てています。
このガイドをもとに、それぞれの施設でマニュアルを作成いただき、それに基づいた訓練を行っていただけますと幸いです。

関連する資料・研修情報

研修

平成29年度(2017年度)

研修番号209 災害時の周産期医療体制のあり方と母子の安全を守るための備え