少子超高齢社会に対応する人材育成

看護師のクリニカルラダーの開発


常任理事
川本利恵子

日本看護協会では、2014年度から重点事業として標準化を目指した「看護師のクリニカルラダー」の開発に取り組んできました。2015年度には、意見収集やパブリックコメントを実施しました。そして2016年5月20日、「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」を公表いたしました。

2025年に向けて、あらゆる場における全ての看護師に共通する看護実践能力の指標として、看護の質向上に活用していきましょう。あらゆる場で働く看護師の看護実践能力の向上を、日本看護協会として支援してまいります。


看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)[PDF111KB]



「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」実践例(病院・高齢者介護施設・訪問看護ステーション)[PDF713KB]

「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」活用のための手引き

お知らせ

2016年11月4日
活用のための手引き「2.導入・活用編」を公表しました。

「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」活用のための手引きの「2.導入・活用編」を公表いたしました。詳細は「活用のための手引き」からご確認ください。

2016年10月17日
「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」を用いた人材育成に関する交流会のご案内

「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」に関する取り組み事例の紹介やワークショップを通して、施設における活用促進を図るために、交流会を開催いたします。「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」の活用に向けて検討を進めていただく中で、お困りの点や課題について共有する場として、ご参加をお待ちしています。


開発の背景、目的、概要などを記載しています。

学会等発表資料、パブリックコメントの結果、説明会について情報を掲載しています。

活用のための手引きを掲載しています。

教育体制の整備に関する参考資料

生涯学習支援のページをご覧ください。

助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)の活用推進による助産実践能力強化支援のページをご覧ください。