地域包括ケアにおける看護提供体制の構築

地域における重症化予防対策

健診やレセプトなどのデータを分析した、その結果を活用して保健事業を展開する「データヘルス計画」が「日本再興戦略」の中で示され、注目されています。保健師が「データヘルス計画」の推進に参画することで、これまでの保健師活動によって培った地域情報と分析データ結果の融合が可能となり、住民中心の、地域の情勢に見合った効果的かつ効率的な重症化予防対策を講じることが期待されます。
日本看護協会は、自治体などの保健師がデータを活用して、PDCAサイクルに沿った保健活動の展開ができるよう、その力量を強化するための研修プログラムを開発しました。また、公募で選出した5自治体において組織横断的な体制を構築しながら、データヘルス計画の策定および実施・評価・改善に向けてパイロットスタディーを実施しています。

報告書