生涯学習支援

特定行為研修の受講モデル 在宅ケアモデル

モデルの特徴

在宅や療養病棟等で日常的に医療が必要な患者に対し、全身状態の管理等により、状態の悪化防止、異常の早期発見と対処を行い、安全で安心できる療養生活が継続できるように支援することをねらいとしています。在宅や療養病棟等では、医師が不在の場合も想定されるため、手順書による医師の指示の下、患者への早期対応が行えることを目指します。
在宅領域において最もニーズの高い「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」を必修科目とします。その他、「呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連」、「ろう孔管理関連」、「栄養に係るカテーテル管理(末梢留置型中心静脈注射用カテーテル管理)関連」、「創部ドレーン管理関連」は受講決定したものに限られます。

必須で修得できる特定行為

  • 持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
  • 脱水症状に対する輸液による補正

選択により修得できる特定行為

  • 気管カニューレの交換
  • 胃ろうカテーテル若しくは腸ろうカテーテル又は胃ろうボタンの交換
  • 膀胱ろうカテーテルの交換
  • 末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入
  • 創部ドレーンの抜去

教科目と時間数

共通科目
科目 総時間数 実時間数
375時間 285時間
臨床病態生理学 45 45
臨床推論 45 45
フィジカルアセスメント 45 45
臨床薬理学 45 45
疾病・臨床病態概論 60 60
医療安全学 30 15
特定行為実践 75 30
文献検索・文献検討 30 0
  • 認定看護師教育課程で履修した内容を免除した時間数
区分別科目
科目 時間数
必修科目
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連 36
選択 受講決定したものに限定
呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連 21
ろう孔管理関連 48
栄養に係るカテーテル管理(PICC管理)関連 21
創部ドレーン管理関連 15