生涯学習支援

特定行為研修の受講モデル 基本モデル

モデルの特徴

病院施設、療養病棟、在宅等で日常的に医療が必要な患者に対し、全身状態の管理等により、状態の悪化防止、異常の早期発見と対処を行い、安全で安心できる療養生活が継続できるように支援することをねらいとしています。在宅や療養病棟等では、医師が不在の場合も想定されるため、手順書による医師の指示の下、患者への早期対応が行えることを目指します。

全ての患者に対して、基本的に必要な「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」を必修科目としています。

必須で修得できる特定行為

  • 持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
  • 脱水症状に対する輸液による補正

教科目と時間数

共通科目
科目 総時間数 実時間数
375時間 285時間
臨床病態生理学 45 45
臨床推論 45 45
フィジカルアセスメント 45 45
臨床薬理学 45 45
疾病・臨床病態概論 60 60
医療安全学 30 15
特定行為実践 75 30
文献検索・文献検討 30 0
  • 認定看護師教育課程で履修した内容を免除した時間数
区分別科目
科目 時間数
必修科目
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連 36

修了生の声

皮膚・排泄ケア認定看護師 細田夕子さん(平成28年度修了生) 石川県済生会金沢病院

細田夕子さん

研修で、学ぶ楽しさと、特定行為研修を受ける責任を実感しました。今まで患者の病態や治療を理解してこなかったことを痛感しました。問診を大切に行い、適切にフィジカルアセスメントを行う。診断につなげ、重症化しないためにどうするか。これは研修後も、強く意識して患者に関わり、指導医より指導を受けています。臨床のあらゆる場面で、学んだ知識が、患者の安全を護ることにつながると考えます。
現在、研修で学んだことをNST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)活動で生かしています。院内の栄養管理の問題がみえてきて、新たな視点での活動を行っています。今後は病院や在宅での活用を検討中です。特定行為研修は、自分の可能性や、看護師の可能性を拡げることを感じています。

緩和ケア認定看護師、訪問看護認定看護師 市橋正子さん(平成28年度修了生) 医療法人社団思葉会 在宅緩和ケアセンター訪問看護ほすぴす

市橋正子さん

在宅領域では、重症児・者の増加に伴い、医師の指示のもとの医療的ケアや医療行為のニーズが高まっています。そのような在宅の現場でこそ、今、「看護の力」が問われています。「看護」の2大業務である「療養上の世話」について、認定看護師はまさに専門家でありますが、さらにもうひとつの「診療の補助」の力を高めることが求められていると思います。
特定行為研修は、医学の基礎を学び、医学の視点から人をみることができるようになります。そうすると医師が出す指示の意味が分かってきます。医師の思考過程が分かると、ケアの視点が広がります。
重症児・者が安心安全に地域で暮らせるように、全ての訪問看護師が特定行為研修を受講すればいいなと思っています。

グループワーク(共通科目) 医療面接実習