生涯学習支援

新人看護職員研修

看護職の卒後臨床研修制度の推進

【全ての新人看護職員に研修を】

「保助看法」「人確法」の改正により、2010年年4月から新人看護職員の卒後臨床研修が努力義務化となりました。看護の質向上、医療安全の確保、早期離職防止の観点から、新人看護職員研修は不可欠であり、各病院・施設での実施も努力義務となっています。

【看護の質をポスターでアピールしませんか?】

クリックで拡大

右の新人看護職員研修PR用ポスターは、新人看護職員研修を実施している施設であることをお伝えする媒体です。
新人看護職員研修は、患者さん等にほとんど知られていない実態があり、平成25年(2013年)の厚生労働省の検討会で周知することの重要性が示唆されました。
患者さんやご家族にご安心いただけるよう、ご所属の施設が、安全な医療を提供し、専門職として必要な実践能力の育成を責任を持って行っていることをお伝えするために、施設内掲示用ポスターや配布用チラシとしてご活用ください。

すでにご活用いただいている施設例
  • 以下のような場所に貼ることで、多くの患者さんやご家族に見ていただくことができます。
    • 施設の玄関や入り口、受付
    • 待合室やエレベーターホール
    • 病棟や外来の廊下
  • 入院案内書類に同封することで、より確実に新人看護職員研修を実施していることをお伝えすることができます。
PR用ポスターのチラシを掲載しました

新人看護職員研修PR用ポスターのチラシを作成しました。掲示をご検討される際などにご活用ください。

  

【地域医療介護総合確保基金について】

新人看護職員研修は、平成25年度(2013年度)まで国の事業である「医療提供体制推進事業費」で行ってきましたが、26年度(2014年度)から各都道府県に消費税増収分を財源として活用した「地域医療介護総合確保基金」が各都道府県に設置され、各都道府県の計画に基づき事業が実施されています。
申請方法など手続きについては、都道府県庁の看護担当課にお問い合わせください。

このページの先頭へ

研修責任者・教育担当者育成のための研修ガイド

2009年12月に本会は新人看護職員臨床研修における研修責任者および教育担当者を育成するための研修ガイドを公表しました。

※研修手帳は、項目や内容を追加・修正することで、新人研修だけでなく、2年目以降も継続してご利用いただけます。

【ダウンロード用エクセルファイル】

施設での新人看護職員臨床研修にご活用ください

このページの先頭へ