生涯学習支援

皮膚・排泄ケア学科

皮膚・排泄ケア学科
皮膚・排泄ケア学科
皮膚・排泄ケア学科
皮膚・排泄ケア学科

皮膚・排泄ケア学科とは

皮膚・排泄ケアの専門性はストーマケアを基盤として始まり、次第に創傷ケアや失禁ケアへと拡大してきました。
ストーマや瘻孔周囲の皮膚に対して行われてきた皮膚の保護や皮膚障害への対処によって開発された知識や技術が、排泄物による皮膚障害だけにとどまらず、褥瘡や慢性潰瘍への対処や予防に活用できたことから発展してきました。スキンケアは、皮膚・排泄ケアの領域全てに共通し基礎となる部分であり、健康を害した皮膚ならびに皮膚障害のリスクの高い脆弱な皮膚に対し、健康を取り戻すことを目的としています。
また、排泄は人間の基本的ニーズであり、身体の機能低下や社会生活を制限する排泄障害に対して苦痛を取り除き、尊厳を保ち、生きる意欲や人間らしさを取り戻すためのケアを専門的な知識・技術を用いて援助することを目的としています。

学科の特徴

本学科は、皮膚・排泄ケア領域における水準の高い看護実践を中心に、医療チーム活動において役割モデルを果たせる認定看護師の養成を目指しています。カリキュラムは、「創傷管理」および「排泄管理」を要する患者とその家族のQOL向上を図れる看護実践能力と、看護実践を通して他の看護職者に対して指導・相談ができる能力を育成する構成になっています。
「創傷管理」は、治癒環境が特に重要な要因となる褥瘡、下肢潰瘍や瘻孔などの慢性的な創傷が主であり、局所に対しては清浄化やドレッシング法を行い、全身に対しては適切な栄養摂取へのケア・物理的負荷の管理を行います。
「排泄管理」は、オストメイトが持つ問題解決のため、局所ケアはもとより、アプライアンスの選択、ストーマ受容までのプロセスの援助、生活指導等を行います。また、失禁患者に対し、排尿障害および排便障害の知識を基に失禁のアセスメントを行い、失禁と失禁に伴う問題の改善を促します。

カリキュラム概要

共通科目150時間   専門基礎科目60時間
看護管理 15 皮膚のアセスメントとケア 30
リーダーシップ 15 精神面のアセスメントとケア  15
文献検索・文献講読 15 栄養のアセスメントとケア 15
情報管理 15    
看護倫理 15    
指導 15    
相談 15    
対人関係 15    
臨床薬理学 15    
医療安全管理 15    
専門科目225時間演習150時間実習225時間
皮膚・排泄ケア概論 15 演習 150 実習 225
排便機能に破綻をきたす病態の理解と評価 30        
排尿機能に破綻をきたす病態の理解と評価 30        
ストーマケア 30        
排泄ケア 30        
創傷の病態と治療 30        
創傷アセスメントと管理 60        

総時間数 810時間

■共通科目(150時間)
共通科目では、認定看護師という専門職業人としての看護職に必要な共通の能力を養うための科目で「看護管理」「リーダーシップ」「文献検索・文献購読」「情報管理」「看護倫理」「指導」「相談」「対人関係」「臨床薬理学」「医療安全管理」の10科目を履修します。これらを学ぶことによって認定看護師の基盤となる専門的知識を学び、専門基礎科目・専門科目で得た知識を看護現場において具体化していくための能力を身につけます。授業は講義形式のほか、学科を越えたグループワークによって、他分野との交流や多角的な視点で自らの看護実践を振り返る機会にもなります。

■専門基礎科目(60時間)
皮膚・排泄ケアのスキルに不可欠な皮膚のアセスメントとケアを始め、ストーマ用品や失禁用品などデバイスを中心としたアプライアンス基礎の最新知識を得ます。また、機能の喪失から障害受容までのプロセスに応じた対処行動を探るために危機理論、ストレスコーピング、リハビリテーションについて学びます。そして、創傷管理から排泄管理に必要な栄養生理学に関して学びを深めます。

■専門科目(225時間)
●皮膚・排泄ケア概論
皮膚・排泄ケア認定看護師の基本となる概念や歴史、緩和ケアやリスクマネジメントなどの学びを深めます。その他、褥瘡管理の評価や診療報酬関連の知識を加えながら、医療チームにおいて戦略的に活動するための方法について学びます。

●創傷管理
創傷の病態と治療では創傷治癒の基礎知識として皮膚の解剖生理、治療遅延の内的、外的因子および、治療過程や手術療法について学びます。創傷アセスメントと管理では褥瘡をはじめ下腿潰瘍や難治性の瘻孔・ドレーンの管理など根拠のあるケア方法について理解を深めます。
●排泄管理
排泄管理では排便および排尿機能に破綻をきたす病態を理解し、排泄障害のアセスメントができるようになるための基礎知識を学びます。
ストーマケアでは術前のケアから退院後の長期管理に必要な知識や実践方法を理解し、フィジカルアセスメントを中心とするストーマケアの技術、オストメイトのセクシュアリティについて学びを深めます。そして、消化器ストーマ、尿路ストーマ、小児のストーマケアについて、最新の治療の動向を加えながら学びます。
排泄ケアでは排泄障害および失禁の状態や要因にあったケアの展開方法について学びを深めます。また、失禁時のスキンケアについて、失禁ケア用品の種類や特徴の知識を加えながら学びます。

■演習(150時間)
●皮膚・排泄ケア技術
皮膚・排泄ケア技術では創傷管理、排泄管理(オストミーケア・失禁ケア)が実践できるための技術演習を行います。創傷ケアでは、褥瘡予防のための体圧分散寝具の選択およびポジショニングテクニック、最新の創傷ケア技術やフットケア技術などを学びます。排泄ケアでは、患者の特徴に応じたストーマ用品の選択およびストーマサイトマーキング、状況に応じたストーマケアなどを学びます。また、失禁用品の選択と装着方法、失禁のアセスメントに必要な尿流量測定や残尿測定の実際などを学びます。
●プレゼンテーション
皮膚・排泄ケア領域における文献検索・講読およびクリティーークを行い、文献から得られた知見を活用できる能力を養います。さらに、認定看護師として教育・指導を実践する技術として、PC等を活用したプレゼンテーションや対象に併せた教育指導案の作スキルを学びます。

●ケースレポート
実習で受け持った事例をケースレポートとしてまとめ、発表します。専門的知識・技術に基づいて実践をレポートする能力、それを発表するプレゼンテーション能力を習得します。

■実習(225時間)
皮膚・排泄ケアの対象の問題を的確に判断し、質の高い看護サービスを提供できるためのケアの実践能力、指導能力、スタッフからの相談能力を養います。

■学内ケースレポート発表会(全学科合同)
各分野の臨地実習やこれまで教育課程で学んだ成果を全学科の学生が共有する発表会です。学科で選出された学生の口演発表では他分野の認定看護師の役割や成果を学ぶことができます。また、全員参加のポスターセッションを行い、ポスター作製や発表準備は卒業後の学会発表の学びの場となり、今後認定看護師としての活動に役立ちます。

WOCN教育の特色/卒業生の声

2014年 卒業生 竹原沙織

私が皮膚・排泄ケア認定看護師を志したのは、質の高い看護を提供し、患者さんの悩みを解決していく先輩の皮膚・排泄ケア看護師への憧れからでした。入学時期が迫るにつれ「私が本当に皮膚・排泄ケア認定看護師を志してもよいのだろうか」という不安と緊張が増していきました。けれども、いざ学校が始まると目的を同じくする友人と教員の先生方に支えられ、不安を感じる間もなく時間はあっという間に過ぎていきました。私にとって研修学校での8カ月間は、自分の未熟さに落胆しながらも、人生で初めて学ぶことの楽しさを感じた日々のように思います。活躍されている先生方から講義を受ける日々は新たな発見の連続で、私の人生にとってかけがえのない宝物になりました。研修学校で学んだことで、患者さんの問題を深く捉えて、解決へ向けて模索することができるようになれたと思います。まだまだ先輩のようにはいきませんが、患者さんやスタッフから「ありがとう」という言葉を掛けられる機会が多くなり、看護の楽しさを実感しています。そして、対象に根拠を持って接することができるようになったことは、私の小さな自信につながっています。
少子高齢化社会において皮膚・排泄ケア認定看護師は、専門領域を拡大させており、ニーズはどんどん高まっています。卒業したばかりの私が、どのように活動していけば患者さんの思いに寄り添える皮膚・排泄ケア認定看護師になれるか、迷いを抱きながらも日々努力を重ねています。

このページの先頭へ