生涯学習支援

神戸研修センター

kobe-1

kobe-2

神戸研修センターは、新神戸駅から車で15分ほどのHAT神戸にある国際健康開発センター4階にあります。

120名収容研修室、70名研修室、2つの30名研修室、合計4つの研修室で、インターネット配信研修[リアルタイム]を含めた1〜3日間研修を年間約40件、3〜7週間の認定看護管理者研修、6カ月の認定看護師教育3課程(がん化学療法看護、感染管理、緩和ケア)を行っています。研修室からは神戸の海が望めます。

※神戸研修センターが入居しております「国際健康開発センタービル」が外壁改修工事を行ないます。研修などでご来館時には、足場などが組まれている箇所がございますので、足元には充分ご注意ください。ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
工事期間:2015年11月21日〜2016年7月末(予定)

研修

神戸研修センターでは、多様な看護現場における生涯学習のリソースとして、インターネット配信研修[リアルタイム]を含めた1〜3日間研修を年間約40件、認定看護管理者研修であるサードレベルを行っています。看護現場の問題解決につながり、人と出会うこと、学ぶことの楽しさを実感していただける元気の出る研修を企画、運営しています。

認定看護師教育課程

神戸研修センターでは、がん化学療法看護、感染管理、緩和ケアの3つの認定看護師教育課程(各課程定員30名)を9月上旬〜翌年3月上旬に開講しています。

例年、12月上旬に次年度の入学案内を開示、4月中旬に出願応募期間を設け、5月中旬〜下旬に入学選抜試験を実施し、6月中旬合否発表となっています。

図書館分室

神戸研修センターの図書館分室では、長期研修で利用する蔵書や雑誌、コンピューター、コピー機を利用することができます。

沿革

神戸研修センターは、関西地区に日本看護協会の研修センターをという会員の声に応えて、HAT神戸の国際健康開発センター4階に1997年開設されました。HAT神戸(ハットとはHappy Active Townの頭文字をとった名称)は、阪神淡路大震災で大きな被害を受け、震災後神戸市の東部新都心として開発された地区です。周囲には、兵庫県立美術館、JICAビル、人と防災未来センターなどの公共施設があります。

内容
1997年 7月神戸研修センター開所
2000年 がん化学療法看護認定看護師教育課程を開講
2001年 認定看護管理者制度サードレベル教育課程を開講
2002年 不妊看護認定看護師教育課程を開講
2004年 感染管理・ホスピスケア認定看護師教育課程を開講
神戸第2研修センター開所
2006年 都道府県看護協会に向けて衛星通信研修の配信を開始
2007年 神戸第2研修センター閉所に伴い、国際健康開発センターに研修室6と研修室7を新設
3衛星通信研修を開始
ホスピスケア認定看護師教育課程が緩和ケア認定看護師教育課程と名称変更
2008年 6衛星通信研修を実施
不妊症看護認定看護師教育課程休止
2009年 不妊症看護認定看護師教育課程閉講
2010年 看護教育研修センターの下部組織から看護研修学校の同列組織へ組織改編
2014年 インターネット配信研修[リアルタイム]を開始。衛星通信研修を終了

問合せ・アクセス

〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1 国際健康開発センター4階
日本看護協会 神戸研修センター
TEL 078-230-3250 ・ FAX 078-230-3256

このページの先頭へ