新領域のご案内

新領域のご案内

日本看護学会はこれまで、ライフサイクルを軸として10区分の領域を設定していました。
しかし、看護の現場においてはライフサイクルだけでなく、病態・経過・実践の場の特徴など多くの面を総合的にとらえて実践が行われています。
そこで平成26年度(第43回)より、学会の領域を7つに統合・再編成いたしました。

概要図

7領域に共通する①看護倫理②医療安全③感染予防④国際看護活動⑤看護情報が各領域に含まれます。
これら5つの研究内容については、最適だと思われる領域を自身で選択し、ご発表ください。

 

領域図

新領域の概念図

新領域での演題登録に関しては、「新領域演題登録ナビゲート」をご参照ください。

新領域演題登録ナビゲート