日本看護協会とは

新しい仕組みのポイントなど

新会員情報管理体制の名称とマイページの愛称・ロゴ

新会員情報管理体制の名称

「ナース(看護職)」と「メンバーシップ」を組み合わせた造語です。「ナースシップ」には、看護協会の会員であることに誇りをもち、看護職として「人々の健康な生活の実現に貢献する」という意味と想いを込めています。

マイページの愛称・ロゴ

これからもキャリア(経歴)を積んでいくナース(看護職)の皆さまに活用していただけるようなWEB ページを表現しています。
ぜひ「ナースシップ」「キャリナース」をご愛用ください。

 

会員専用ページで会員情報や履歴を確認

会員専用ページ「キャリナース」では、パソコンやスマートフォンで、ご自身の会員情報や活動歴が参照できます。勤務先や住所などの会員情報の変更手続きや会費の領収書発行、「協会ニュース」やお知らせの閲覧なども可能です。

またこれまで、会員専用ページ「会員ダイレクト」に掲載していた情報(認定看護師教育課程入試問題、日本看護学会抄録集など)は、マイページ(キャリナース)でご覧いただけます。将来的には、研修受講歴の確認も可能になる予定です。

利用にあたり、会員の皆さまには簡単なユーザー登録を行っていただきます。皆さまと看護協会をつなぐ身近なツールとして、ぜひご活用ください。

 

プラスチックカード化、電子会員証も

新会員情報管理体制の稼動に合わせて、会員証が新しくなりました。これまで毎年発行してきた会員証を永年利用できるようにリニューアルしています。それに伴い、紙素材から耐久性の高いプラスチック素材へと変更し、扱いやすい会員証としました。改姓や所属の都道府県看護協会が変更になった場合には再発行します。

さらに、スマートフォンなどで表示することができる電子会員証も提供し、ご利用いただけるようになります。カードを持ち歩かない方でも、研修受講時などの会員確認が手軽に行えるようになります。

外字の扱いについて

新会員証では、氏名に関して、外字表記ができないため、代替文字に置換しています。該当する代替文字がない場合は、姓名ともにカタカナ表記となります。

 

口座振替(自動引落)を導入―簡単で・素早く・安全に―

会費の支払い方法に口座振替(自動引落)を導入しました。会員一人一人がキャッシュレスで、簡単で・素早く・安全に会費をお支払いいただけます。会員の皆さまには、口座振替に伴う手数料負担はありません。

もちろん、従来通りの施設ごとでの会費の取りまとめも、引き続きご利用いただけます。

 

継続手続きが自動継続へ

これまで、会員の継続手続きは1年ごとに申請書の提出をお願いしていましたが、手続きが煩雑で手間が掛かるとの意見をいただいていました。
新しい手続きでは、初年度に書類を提出いただいた後は、届け出情報に変更がない限り自動継続となります。変更手続きは書面のほかにパソコンやスマートフォンからも可能になります。
煩雑な手続きを減らし、継続して会員サービスをご利用いただける仕組みを提供し、会員の皆さまの利便性向上を図ります。

 

【問合先】

日本看護協会  情報システム部会員情報課

お問い合わせには、以下の情報をお知らせください。

  • 会員の場合:JNA会員番号、お名前
  • 施設の代表者:ご所属の都道府県、ご勤務先の名称、県施設番号4桁、ご質問者のお名前
@
  • 入会・退会および会員情報の変更は、ご所属の都道府県看護協会となります。ご連絡やお問い合わせは、各都道府県看護協会へお願いします。