お知らせ

協会ニュース 2018年1月号

看護の明るい未来のために

衆議院議員 阿部俊子

衆議院議員 阿部俊子

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本格的となる長寿高齢社会を支えていくには、看護職の皆さまの大きな力が必要です。看護職の活躍の場も年々多様に広がっておりますので、それら現場の声をお聞かせいただきながら、看護協会との連携を大切に、看護職の皆さんお一人お一人が働きやすく、やりがいをもって看護できるようしっかりと国政で声を上げてまいります。

引き続き全力で取り組んでまいりますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

楽しく、豊かに。堂々と!

参議院議員 煌K恵美子

参議院議員 煌K恵美子

謹んで初春のお慶びを申し上げます。

人生100年時代を生き抜く政策が本格的に動き始めます。昼夜をいとわず、常にいのちの現場に立つ私たち看護職が生涯を通じて健やかに、各々の活動の場で専門職として尊重されその力量を存分に発揮できる環境を実現する。そのためにことしも、一瞬一瞬を大切に努め、皆さまと共に歩む覚悟です。

看護のパワーで次代をけん引し“看護の笑顔”を「日本の成熟度や国民の幸福度をあらわす指標」の1つに位置付けられるよう、頑張ります。

看護政策が大きく動く1年!

参議院議員 石田昌宏

衆議院議員 石田昌宏

新年あけましておめでとうございます。

ことしは、報酬改定が行われ、質の高い看護提供体制をいかに作るかがますます重要になります。また、通常国会では、大型法案である「働き方改革」関連法案が厚生労働委員会で審議されます。私は、参議院厚生労働委員会の筆頭理事を拝命し、審議に際して野党との交渉・調整役を果たします。看護職にも残業や休暇など、従来の働き方を見直す必要がでてきます。

看護政策が大きく動く一年ですが、共に手を取り良い看護をつくっていきましょう!

ナースの働き方の改善を

参議院議員 倉林明子

参議院議員 倉林明子

看護師確保法制定から四半世紀。

厚生労働省の看護師実態調査でも、夜勤回数が月8 日以内という指針さえ守られていません。入院基本料の見直しは、さらにナースの勤務環境の悪化につながるものです。医療の安全・質の確保にとって、医師と共に看護師の勤務環境改善は待ったなしの課題です。

ことしの通常国会に、政府は「働き方改革」法案を提出するとしています。命を守る現場で、過労死を繰り返すなどあってはならないのです。現場の声を国会に届け、ことしも頑張ります。

誰もがより健康で活躍できる社会へ

衆議院議員 木村弥生

衆議院議員 木村弥生

謹んで新年のごあいさつを申し上げます。

皆さまのお力添えで、議員バッジを再びお預かりさせていただくことになりました。初当選から、医療分野をはじめ、待機児童、特別養子縁組、生活困窮者の就労支援などの政策課題に、強い思いを持って取り組んでまいりました。

これからも「誰もがより健康で活躍できる社会」の実現へ、与党の国会議員として、女性、母親、医療職の視点を生かして、ご期待と信頼に応え、京都はもとより近畿地区、そして全国の看護職の皆さまへのご恩返しをしてまいります。

NO challenge,NO change 看護職に新世界を

参議院議員 石井苗子

参議院議員 石井苗子

あけましておめでとうございます。

NO challenge,NO change!「挑戦なしでは何も変わらない」。圧倒的に女性が多い看護の職場において、女性ファーストの意見をもっと前に出し職場改善につなげる必要があります。人員配置やシフト制度も「昔からこうだった」と諦めず、不自由を感じていることは制度を変えていく努力を超党派で協議を進め、看護に限らず、専門職としての女性の現場に働きやすさの新世界が訪れるよう頑張ってまいります。厚生労働委員会のメンバーになりましたので、皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。