お知らせ

協会ニュース 2016年-9月号

厚労副大臣と政務官

就任で表敬訪問

第3次安倍第2次改造内閣で新たに就任した厚生労働副大臣と大臣政務官が、8〜9月に本会を訪問した。8月24日に馬場成志大臣政務官が、9月7日に古屋範子副大臣と堀内詔子大臣政務官が、9日に橋本岳副大臣がそれぞれ訪れ、坂本すが会長と菊地令子副会長、井伊久美子専務理事ら役員が歓迎した。

本会からは、看護師基礎教育の4年制化の必要性を強く訴え、実現に向けて協力を要請。今後の看護行政について意見交換を行った。

なお、古屋氏と馬場氏が主に医療・介護などの厚生分野を、橋本氏と堀内氏が主に労働分野を担当する。