お知らせ

協会ニュース 2013年1月号

初心を忘れることなく

衆議院議員 阿部俊子

衆議院議員 阿部俊子

昨年末の衆議院選挙において、3期目の当選を果たすことができました。看護の貴重な議席を死守できた喜び とともに、重責に身の引き締まる思いで新しい年を迎えました。

今年も看護界の抱える課題は山積しています。今も昔も変わらないテーマである「看護の質の向上」と「労働条件・労働環境の改善」は車の両輪です。質の高い看護を提供するためには、労働条件・労働環境の整備は不可欠であり、労働条件・労働環境が整備されれば、看護の質も向上します。
これらの課題を一歩でも前へ進められるよう、引き続き看護協会とも連携を密に取り組んでまいります。
お支えいただいた皆さまへの深い感謝の思いを胸に刻み、常に初心を忘れることなく、全力で駆け抜けてまいります。引き続き皆さまのご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

社会保障の実現 看護職に期待

参議院議員 煌K恵美子

参議院議員 煌K恵美子

本年は、社会保障制度改革国民会議の審議が本格的に開始されることとなります。こうした場での議論を活性化するためにも、私たち看護職が、命の最前線においてすでに気づいている問題点、そして解決に向けた効果的なアイディアを浮き彫りにし、広く社会に伝えることが必要です。社会保障を実現する最大規模のプロ集団として、またその一員として、看護職がこれからの日本社会、これからの国際社会において果たす役割は、ますます大きく発展していくこととなります。

看護職一人一人が、楽しく・豊かに・堂々と働き続けることのできる社会環境づくりを目指して、皆さまとともに知恵を出し合い、着々と地に足の着いた活動を心掛けてまいります。今後とも、ご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。