訪問看護師の仕事 ストーリー

利用者さんと直接向き合う訪問看護

訪問看護は、病院と違って利用者さんの自宅で看護師がケアをします。一定の知識や経験が必要なため、病院で何年か経験を積んだ看護師が、訪問看護師になる場合が多くあります。利用者さんの日々の容態を観察する力と、異変があれば主治医へすぐに連絡し指示を受けるなど、的確な判断力も要求される仕事です。

先輩訪問看護師
      柴田さんに聞く

湯谷さんと同じ山の上ナースステーションで働く、 柴田三奈子さんに仕事について聞きました。

「訪問看護師は、ご自宅で本人やご家族の希望に沿った看護をすることができます。利用者さんから生き方を教わったり、ご家族から感謝の言葉をいただいたり、元気をもらえる仕事です。責任もありますが、一人で抱え込まないようスタッフみんなで利用者さんの状況を共有して、毎日のステーションでのミーティングを大切にしています。必要があれば、先輩が同行して訪問したり、個別に症例を検討してフォローもします。
訪問看護師には、経験だけでなく、やる気も重視しています。ご家族だけで世話をすることの不安を減らし、その人らしさを大事にしながら安心して在宅での生活をサポートする質の高い看護を目指しています。訪問看護の仕事は、やりがいがありますよ」